最低限知っておきたいこと

広告

さいたまでチラシ配布を行う場合には、印刷業者を利用することが必要になります。印刷業者を利用した上で、そこと提携しているチラシ配りの業者を利用するかそれとも全く別の業者を利用するかは自分自身で決めることができるでしょう。たいていの場合、チラシを印刷した業者と提携しているチラシ配布業者ならばやすく利用することが可能になります。を昇格的に、たくさんのチラシを持ちたい場合にはどれぐらいの費用になるかを考えておく必要があります。市場や在配布するのに5円ぐらいの金額になるでしょう。非常に少ない金額で済みますが、実際チラシをまく場合は1枚や2枚ではりません。たいていの場合1000枚単位で行うのが基本になっています。そのため、仮に1000枚印刷るとすれば5000円のお金がかかることがわかります。

どのようなデザインするか

広告

これからさいたまでチラシ配布を検討している場合、どのようなデザインにするかが重要になります。例えば、両面印刷をしてからにすると 1枚の料金が非常に高くなりますがその分だけお客さんが来てくれる可能性もあるでしょう。ただ、そのデザインだけでは足りず、も少し目を引くようなデザインが良いです。配布する方も、そのデザインを見た時に面白い業者だと思えるならば、その業者は将来的にチラシから多くのお客さんを集めることができるといっても過言ではありません。それ以外では、可能なかぎりモノクロで小さなサイズで印刷行った方が安く仕上げることも可能になります。配布業者の中にも、チラシ作りに強みを持っているところがありますので一度話しを聞いてみるとよいでしょう。

どの範囲で配布するか

広告

さいたまといっても幅広い範囲になりますが、宣伝するお店の種類によってはかなり限定的にチラシ配布をした方がよい場所があります。例えば埼玉県の中でも比較的自然の多いところなどは建物と建物の間がかなり離れているようなこともあります。このような場合、無理して配ると時間だけが経過してしまいほとんど効果は出ないようなことも考えられます。加え範囲に関しては、人口が集中しているところがよいですがどのような場所に配るかによって反応率が大きく変わります。例えば学習塾のチラシを配る場合、庭に盆栽などがたくさん並べあるところは子供が住んでいない可能性が高いです。もちろん絶対とは言えませんが、それよりも子供向けの自転車や洋服などを干してあるとそこに子供が住んでいることがわかります。質の高い業者の場合には、チラシを配る場合そのチラシの内容に合わせて配布する住宅を選ぶようなことが考えられるでしょう。もし、そのような業者がよければ、口コミなどから探してみるのがよいです。